加圧トレーニングは早い安い効果的!!環状線福島駅から徒歩3分、大阪駅から徒歩圏内!モデル、芸能人、アスリートの間で話題の加圧トレーニング、加圧トレーニングスタジオお探しならまるかん加圧へ!

銀座まるかん加圧トレーニングスタジオ

〒553-0003 大阪市福島区福島6丁目4-10 ウエストビル4F
 

お問合せはこちらへ

06-6454-6667
営業時間
8:00〜22:00

加圧でダイエットブログ

2017年3月23日15:05

腎臓の基礎代謝でダイエット効果UP

基礎代謝を上げるとダイエット効果が上がるという話は聞いたことあると思います。

もちろん、加圧とトレーニングによるダイエットも成長ホルモンの分泌と共に基礎代謝を

上げて脂肪燃焼させるというダイエット法です。

 

しかし、基礎代謝は筋肉以外でも上げれるのですが、その基礎代謝の内訳を示すとこのようになります。

 ************

筋肉 20

消化管・肝臓 30

脳 20

腎臓 10

心臓 7

その他

************

 この中の筋肉が一般的な基礎代謝を上げる手段であり、全て向上させることが出来れば

ダイエットの必要がなくなりそうですね。

 

今回はこの中で「腎臓」の基礎代謝を上げる方法をご紹介させて頂きます。

 

皆さんがご存じの通り、腎臓は尿をつくる器官です。

 

つまり、尿をたくさん作らせればそれだけ代謝を高めてくれるということですね。

水をたくさん飲むことで、腎臓は活発に働いて、たくさん尿をつくってくれるようになります。

つまりは、

「水をたくさん飲むとダイエットに成功しやすくなる」

ということです。

 

しかし、その一方で

「水は体を冷やすので、よくないし、太る気がする」

という人もいます。

 

確かに、体質によって「冷水」によって身体が冷えてしまう方もいます。

その場合は「白湯」をおススメしています。

 

実際に、私も朝起きてすぐに500mlの「白湯」を飲んでいます。

 

また、水を飲むと体重が増えることを覚えておきましょう。

 

水は1リットルで1kgですので、1リットル飲んだら、1kg太ります。

 ですが、脂肪が増えたわけではありませんし、水を飲むことで代謝が上がり、体脂肪は減少していきます。

 

つまり、カロリーゼロの水を沢山飲むだけで、基礎代謝が上がり、自然に痩せてしまうので、

おススメできるダイエット法ということになります。

 

そろそろ暖かくなり、まだまだダイエットの季節ですので、

是非取り組んでみてくださいね。

2017年3月16日20:57

朝の筋トレで効果を上げる

ダイエットの為に筋トレを取り入れている方、そして、これから行ってみようと思っている方へ、今回は筋トレを行う時間で効果の出方が

変わるお話です。

 

皆さんは朝、目覚めてからの過ごし方はどんな感じでしょうか?

シャワーを浴びて朝食を食べて仕度して仕事へ出かけるという感じでしょうか?

もしくは、朝食も摂らずに、顔を洗って歯を磨いて仕度して出かけるという感じでしょうか?

 

もし、ボディーシェイプの為に筋トレを取り入れたいという方は是非、

朝10分間だけでも良いので筋トレを日課にすることをおススメします。

 

このたった10分の運動がとても効果があるのです。

 

なぜなら、朝に筋トレをすることで、一日の代謝量を上げることができるからなのです。

 

朝、起きたばかりであれば筋肉はまだ眠っている状態で、

活動もほとんどしていないので、基礎代謝も低めです。

朝10分でも筋トレを取り入れることで、基礎代謝をしっかり上げて、その後の活動が、いつも以上にエネルギーを使ってくれるので、ダイエット効果へと導いてくれるのです。

 

また、朝の筋トレは筋肉の退化を防いでくれる役目もあります。

例えば、筋肉は何もせずに1日寝たままの状態でいると、12%ほど筋力が

落ちてしまうと言われています。

 

なので、トレーニングをしない日や、仕事が忙しくて運動が出来ない日なども、

朝に筋トレをすることで筋力を維持することができるのです。

 

朝の筋トレとして取り入れて欲しいものは、

スクワット・ヒップリフト・キックバックなどがおすすめです。

先ずはスクワットだけでもしてみてください。

 

朝のトレーニングで痩せ体質にさせてみてはいかがでしょう。

2017年3月14日19:47

お酒と筋トレダイエット

ダイエットの為にトレーニングをしている方、お酒が大好きでダイエット中でもどうしても飲まないとストレスが溜まってしょうがない。という方へ。

今回は筋トレとアルコールについてです。

 

よく、「お酒を飲むと太る」とか、「お酒を飲むと筋肉がつきにくくなる」など、

お酒に対して悪い評価がされていることをよく聞きます。

 

先ず、お酒を飲むと筋肉がつきにくくなるという理由についてです。

 

・テストステロンの分泌量を減らす

お酒を飲むと筋肉を作る為のホルモンであるテストステロンの分泌量が減るため、

筋肉が作られるのが阻害されます。

 

・筋肉分解ホルモンの分泌

コルチゾールという筋肉を分解させるホルモンが分泌され、筋肉を弱らせます。

 

以上の2つの理由により、トレーニングをした日はお酒を控えるように言われている理由です。

 

しかし、1つ不思議な事実があります。

スポーツ選手や体力を使うお仕事(土木、土建等)をされている方々は総じてお酒好きが多いということです。

そして、そういう方程、水のように大量のお酒を飲みます。。。

にもかかわらず筋骨隆々でたくましい体をしています。

 

つまり、理論上お酒は筋肉に良くないのですが、気にする程でもないということがわかります。

 

しかし、一つ注意したいことがあるとすれば、お酒も筋トレも肝臓へのダメージを与えてしまうということです。

 

筋トレをしたとき、筋肉にエネルギーを与えるために、肝臓に貯えられたエネルギーから消費されます。

そして、アルコールは肝臓で分解されます。

その為、筋トレしたその日は肝臓が疲れている状態のため、

そこにお酒を追加することで、肝臓にさらにダメージを与えてしまうことになります。

 

もし体を労りたいという気持ちがあれば、肝臓もしっかり休ませるか、お酒を少量にすることをおススメします。

筋トレダイエット中の方へ、

ビール1杯140kcal、ワイン1杯73kcalとお酒のあてに気を付けてくださいね!

2017年3月10日21:06

適度な運動と睡眠効果

『加圧トレーニングを行ったらよく眠れるようになった』ということをよく聞きます。

 

多くの人は経験的に、運動は睡眠に良いことは知っているかと思います。

仕事で疲れた日や運動をした日などは特にゆっくり眠れると感じるのではないでしょうか。

 

身体を沢山動かすとよく眠れることは事実だということで、運動と睡眠の関係を報告した研究は沢山あるようです。

特に運動文化が盛んなアメリカでは、中高年女性339人を対象に行われた「SWANsleep study 」という研究では、次のように報告されています。

____________________________________

身体活動量の多さで対象者を3群(高 中間 低)に分け、それぞれ不眠症状について調査しました。

身体活動量は3つの指標(運動、生活活動、家事、介護)に分けて検討されました。

結果、不眠と関連した身体活動量は運動のみでした。

そして、運動による身体活動量が多いほど不眠者は少なくなるとう結論になりました。

____________________________________

 

運動が睡眠に良い影響を与える理由として

・身体を適度に疲れさせる

・運動で精神の安定を促される

・自律神経や心肺機能が向上する

 

以上の3つを満たした運動として

・有酸素運動(ランニング、水泳、サイクリング)

・ヨガ、ストレッチ

などが睡眠の質を高めてくれます。

 

もし、寝つきが悪かったり、起きるのが辛いと感じたら、是非運動をおススメします。

また、加圧トレーニングでも不眠症を克服した結果が出ておりますので、

おススメします(詳しくは体験談参照

 

)。

2017年3月7日16:00

むくみを呼ぶいちばんの要因

だんだんと春めいて暖かくなってきましたね。

厳しい寒さを抜けて、ホッと一息・・・ところが、そろそろ春の呑み会シーズンです!

 

呑み会で気を付けなければいけない事と言えば、食べ過ぎはもってのほかですが、

飲みすぎによる“むくみ”ですね。

今回は“むくみ”についてです。

 

むくみは、ご存じのように体内の水分が過剰になることで起こります。

その原因は、水分代謝に関わる腎臓の機能が低下しているからですね。

 

腎臓は、血液中の老廃物など体に不要なものをろ過します。

それを水分とともに尿として排出し、必要な水分や成分は再吸収してくれる臓器です。

なんらかの原因で腎臓が弱ると、ろ過する機能が低下し体のどこかに余分な水分が残りっぱなしに。

その結果、“むくむ”というわけです。

 

塩辛いものを食べたり水分を摂りすぎたりするとむくむと言われますが、

それだけではむくみません。

もし塩分や水分を過剰に摂取したとしても、内臓の機能が正常なら、余分なものをろ過して捨てる腎臓の働きで尿とともに排出されるからです。

お酒を飲んでむくむのは、アルコールを解毒する腎臓に過度な負担がかかって機能低下し、そのあおりを受けて腎臓の働きが弱っているからです。

 

”むくみ”というと、まぶたのように皮膚が薄くし目立つ部位ほど気づきやすいですが、

実際は血流の弱りがちなところからむくんでいきます。

最近では、肺や胃腸、肝臓など、臓器自体がむくんでいるという方も多いようです。

この臓器の“むくみ”は、心臓の働きが弱って血流が乏しくなったことを示すサインでもあるようです。

 

「心臓が弱る」といっても心臓の強度は生活習慣によって強くも弱くもなりますので、

よく運動をする人は心臓が大きくなり一回に送り出す血液量が多くなりますし、

寝たきりの人は体を動かさない分、その状態に合わせて弱っていきます。

 

休みなく血液を送り出す心臓の力が弱まると血流が悪くなりますので、血管の末端にある

毛細血管に血液が滞りがちになります。

この滞りが“むくみ”を呼ぶいちばんの要因です。

滞った血液がむくみにつながるのには、毛細血管の働きが関係しているということです。

 

体内の全血管のうち毛細血管は約95%を占めています。

動脈や静脈は全血管のうち5%ということになりますね。

その直径が髪の毛の10分の1しかない極細の毛細血管には、ごく小さな穴があいていて、

そこから水分とともに酸素や栄養素がにじみ出ます。

それを全身の細胞にじわじわと届け、代わりに二酸化炭素や老廃物を回収するのが毛細血管の役割です。

 

しかし、ここで血液が滞ると、水分が必要以上ににじみで続ける状態になります。

この水分がむくみの正体と言われています。

 

だいぶ長くなりましたが、むくみを解消するためには血液の循環を滞りなく回してあげることが必要になります。

そのためには、

・脂っこいものを食べ過ぎない

・運動をして心臓の送り出す力を低下させないこと。

・桂皮末、桂皮エキスなどは赤血球を柔軟にさせ血液を毛細血管へスムーズに流してくれます。

 

加圧は血管を丈夫にして、むくみを流してくれるほか、心臓の働きを活発にしてくれますので、疲労が溜まっている人、飲みすぎて体に負担をかけている人へもおススメですよ♪

 

2017年3月4日15:54

選択と集中で成果を出そう!

テレビを見て「あ、これ使ったら効果あるかも!」といって買ったものの効果が出る前に辞めてしまった。。。

という人は多いのではないでしょうか。

 

意識していないとついつい、あれこれ手を広げてしまい、やりたいことが拡散・分散してしまい、結果何も効果を得られず、中途半端になってしまい、脂肪とストレスばかりが溜まっていく・・・。

 

そんな経験はないですか?

 

私はかなり経験しているのですが、、、。

 

私や、皆さんが一番理想とするところは

「少ない努力で最大の成果を上げる」

ということだと思います。

 

そのために必要なことは「選択と集中」を身に着けることです。

選択と集中がみについていない状態ですと、

 

いくら頑張っても成果が出ない。

忙しく時間に追われる毎日の中、いろいろ手を出してしまう。

どれも中途半端で、時間をかけている割に、成果が小さい。

 

という事態に陥ってしまいます。

簡単にまとめると。

「努力はしているが、肝心の、その「努力の方向」が間違っている。」

ということになります。

 

せっかく始めたことが無駄にならない方法はただ一つ、

多くの選択肢の中から「最も成果が上がる少数のこと」を見つけ出し、そこに集中することです。

 

ダイエットで、効果が上がるものを見つけることの条件は、昔からあるダイエット法であること。そして、口コミや体験談があること。と考えられます。

 

加圧トレーニングでは、「少ない努力で最大の成果を上げる」ことができるトレーニング法に当てはまります。

 

ただ、気を付けなければいけないのは、あくまで、少ない努力ということです。

少ない努力と一言で言ってもその程度は人それぞれですが、すくなくとも努力は必要であることを忘れないで下さいませ。^^;

ただ、頑張った分だけ成果は確実に出ますので、続けている人も、一旦やめたけど再開しようとしている人も、これから始めようという人も、選択して集中すればなにかしらの成果がでることは確かです。

 

加圧に限らず、今、外にエネルギーが向かっている人はまず、効果がでるものを選択そして、とにかく集中して最後まで取り組んでみてはいかがでしょうか。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

06-6454-6667

受付時間 8:00〜21:00
休業日 日曜日

加圧トレーニング正規認定

当スタジオは加圧トレーニング正規認定施設です。
細やかな説明と親切丁寧な対応を心掛けておりますので、お気軽にご相談ください。
 

営業案内

営業時間

    8:00〜22:00

休業日

      日曜日

お問合せ

お気軽にご連絡ください。

06-6454-6667

アクセス

06-6454-6667
住所

〒553-0003
大阪市福島区福島6丁目4-10
ウエストビル4F

JR大阪環状線福島駅徒歩3分
福島駅から227m
JR東西線福島駅徒歩5分
阪神本線福島駅徒歩5分